サッカー(ヴェルディ)以外の日常を綴ります。
http://cycun1944.blog.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2012.05.27
20:36
 



9.11。
パパは、
あのありえない日に死んだ。
それからというもの、
僕の靴は重くなるし、
どうしてもまたアザを作ってしまう。
おばあちゃんは好きだけど、
パパがいないなんて。
ママはなんでパパでない人といるんだ!?
ある日、
パパの遺品がしまってある物置に、
見知らぬ鍵を見つける。
"なんぞ?"
謎の鍵は家のどの扉にも合わない。
この鍵はなんぞ!?
鍵の入っていた封筒には、
赤い文字でブラックと書かれている。
普通、
人はブラックと言う字は黒いペンで書くらしい。
赤い文字なら赤いペンで。
つまりパパが書いた文字は

色の事ではなく人の名前ではないのだろうか!?
ブラックさんを探し当てれば、
パパの鍵を開ける扉を見つけらろるのではないか!?
アメリカ同時多発テロで父親を失った少年オスカーの、
自分を取り戻すための小さな旅。
果たして謎の鍵の真相は!?


大きな事故や災害、
テロなどが起きた際、
テレビや新聞では必ずと言っていい程、
死者の数をセンセーショナルに伝える。
10人死傷。
100人死亡。
1000人死亡・行方不明多数。
別に数が悲しみの尺度にはならないのだが、
人々はその数に驚くのだ。
貿易センタービルでのテロでは、
2749人が死亡する惨事となった。
多くの被害が出たという意味では、
昨年に起きた東日本大震災がある。
死者は15000人を越え、
いまなお行方不明者は、
3000人以上いる。
これはまさに極端な例ではあるが、
こういった死者の数字を
事態の重大さを測るのに使用しているのは、
確固たる事実だと言えよう。
では僕らは、
そういった死傷者の数で、
その事象の本質を、
どれだけ適切に知り得ているのだろうか。
オスカーは父親を失った。
父親の死は、
2749人のうちの1人に該当する訳であるが、
オスカーのその後気持ちは、
残念ながら報道からでは知りえないだろう。
オスカーだけでなく、
オスカーの母や祖母の苦しみも同様だ。
死者1人の周りには、
その何倍もの人達もの悲しみが存在するのだ。
彼らひとりひとりが、
失った人の死を乗り越えるのは、
本当に大変な事である。
死傷者の数字の背景には、
その何倍もの人達の悲しみがある事を、
僕たちは決して忘れてはいけない。
本書を読むには、
そんな根気が必要である。


まず初めに知っておいて欲しいのだが、
若手作家らしく作品は極めて前衛的だ。
小説に視覚的な工夫を施しており、
より鮮明に登場人物の感情や、
おかれた状況など表現している。
個人的に言えば、
小説というジャンルの範疇を越えていると思うし、
見方によっては反則技とも思われるかもしれない。
がしかし、
この工夫こそが作者の熱意であると徐々に気づくはずだ。
単なる新しいスタイルを好むクリエーターではない。


物語は、
死んだ父親が残した鍵の扉を探す少年の冒険と、
父親の両親であり少年にとっては祖父母の、
戦争に翻弄された半生を振り返るという2つの軸で成り立つ。
祖父母のパートは、
主に自分の息子と孫にあてた手紙の形式だ。
どうして2人が結ばれたのか、
どうして祖父は声を失ったのか、
そしてなぜ祖父は姿を消したのか…。
第二次世界大戦のドレスデン爆撃という惨事が、
数奇な人生の中心にあるのが、
最終日には同時多発テロの惨事へと導かれていく。
この流れは必読だ。
独特の文体で最初はとっつきにくいが、
最後はすっと落ち着く結末が待っている。


変わって、
オスカーのパートだ。
オスカーはませた子供だ。
父親の影響で難しい言葉を使いたがる。
天文学者のスティーブホーキンスを尊敬し、
彼へファンレターを送っている。
そんな早熟な彼は、
父親を失い、
地下鉄や高層ビルに怯え、
自分に"あざを作る"。
彼の心の闇は深い。
その垣間見れる傷が、
すごく悲しい。
ある日、
オスカーは父親のクローゼットで、
花瓶の中に封筒を見つける。
その封筒には赤いインクで、
『ブラック』と書かれ、
さらにその中には、
一本の鍵が入っていた。
この鍵はなんだ?
オスカーは、
鍵にぴったりの錠前を見つけられるのか?
すべては父親に近づきたい一心で。
二度と会うことが出来ない最愛の人とを結ぶ、
文字通り鍵となり、
オスカーはニューヨーク中を駆け巡る。
正直言うが、
僕は何度か泣いた。
これは自分にとっては、
珍しい事だ。
この本で、
僕が感じた感情を共有出来ればと思う。
オスカーが父親の死とどう付き合っていくのか…。
ぜひ読んで欲しい。
お勧めだ。
ちなみに本書はすでに、
トムハンクスとサンドラブロックによって映画化されている。
子役のトーマスホーンの演技が話題の注目作だ。
スポンサーサイト
 
Category * BOOK
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 新きっと鴨はシャイ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。