サッカー(ヴェルディ)以外の日常を綴ります。
http://cycun1944.blog.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2012.03.12
16:14
 
東急デパート

どこからともなくストリートミュージシャンの歌が聞こえ、
小さな居酒屋から笑い声が漏れる。
吉祥寺はいつだってそんな街である。
今日もまた、
何百回も歩いたサンロードを抜ける。
色々なお店が入れ替わっているはずなのに、
ここの空気は全く変わらない。
サンロード側も公園側も、
その他の細かな路地に至るまで、
気取らない穏やかさがあるのが、
吉祥寺の愛すべき魅力だ。
そう…。
吉祥寺に訪れた事のある人であれば、
デンと構える東急デパートに気づくだろう。
ずっと昔からいる吉祥寺の番人みたいな奴だ。
僕がまだ子供だった頃、
誕生日になると必ず両親と共に東急デパートへ行った。
6階で欲しかったオモチャを買ってもらい、
最上階のレストランでお昼を食べるのが、
とても贅沢に思えて楽しみだった。
今も僕の脳裏には、
洋食屋さんから望む吉祥寺の町並みがある。
周囲には全然高いビルがなくて、
雑然とした風景が広がっている。
考えてみればお気に入りの洋食屋さんにも、
随分と行っていない。
それでも遠慮がちに食べたハンバーグの味だけが、
今も記憶に鮮明なのだから、
不思議なものだ。
久しぶりに行ってみようかな。


そんな訳で僕と吉祥寺は、
もう随分と長い付き合いに。
なんと20年以上になる。
今ではデパートの食堂に両親と行くこともなくなり、
むしろ窓から見えていた雑然とした風景の中の方に行き来する様になった。
言い方を変えると、
オモチャ売場より美味しいお酒が飲める場所に居座っているという事。
僕と吉祥寺。
きっと長い付き合いの中で、
係わり合い方も変わったという事なのだろう。
それでも何故だか、
ずっとこの場所にたむろしている。
僕も吉祥寺も変わったけれど、
いつでもユルく迎えてくれる街だからだろうか。
街並みが変わっても、
そんな空気だけは変わらないからだろうか。


待ち合わせの場所へ少し早足で向かう。
相変わらず目の前には、
デンと構える東急デパートがいる。
僕がいくら年を取っても、
変わらない吉祥寺の空気がいる。
さて今夜はどこで飲もう。
この前通りすがりで見つけたビストロにしようか。
今月何度目かのオクワ酒場か。
ヴェルディが負けたから安居酒屋か。
どちらにしても吉祥寺なら安心だ。
この街とこの街にいる人達が好きだから。
吉祥寺本町2丁目。
きっと今僕は、
いるべき場所に立っている。
何だか少しだけ分かった気がした。
僕はこの街から離れられない。
いや離れたくない。
スポンサーサイト
 
Category * 小話
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 新きっと鴨はシャイ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。