サッカー(ヴェルディ)以外の日常を綴ります。
http://cycun1944.blog.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2012.03.29
17:43
 
共喰い

臭気漂う怪しい川辺に住む17歳の遠馬。
父親とその愛人と一つ屋根の下で暮らしている。
産みの母親は、
近くで魚屋を営んでいる。
ひとつ年上のガールフレンドと、
若さゆえの情事に没頭しているのだが…。
遠馬は悶々と苦悩する。
日常的に暴力的な父親の性行為を目撃していくうちに、
強い嫌悪を感じながらも、
自らにその一端がある可能性に気づいてしまったのだ。
救いようのない暴力と性を、
印象的な風景描写を交えて戦慄に綴る古典的な純文学。
第146回芥川賞受賞作品。


暴力と性を題材とした作品は少なくない。
本作が他と比べて芥川賞を受賞する程に優れた作品であるか否かは、
今の僕の読解力では正直分からないのは残念である。
同氏の受賞の会見が大きな話題を生んだのは記憶に新しい。
その印象ばかりが先行してしまい、
作品にも先入観が入ってしまった感も否めない。
ただそれを考慮しても、
僕には分からなかった。
確かに戦前戦後の文学作品を彷彿とさせる重厚感はある。
特に自らに内包される暴力を伴う性的欲求を鰻で隠喩する場面は秀逸だ。
実家の前を流れる川を女性器に例える父親の言葉にも、
ある意味ではセンスを感じる事は出来た。
陰鬱で病的なアパート前に座る女性や、
片手が義手の産みの母親など、
登場人物を印象的である。
全体を通して感じる臭気と熱を帯びた情景描写も、
他にはない世界観がある。
でも、
どうしても僕には分からなかった。


そもそも暴力と性を題材とした場合、
果たして作者は読者に何を読ませたいのだろうか。
まさか性的な描写に対して興味喚起を起こさせたい訳でもなかろう。
では何らかの救いや、
あるいは進むべき道を示してくれようとしているのだろうか。
本作は恐らくいずれにも該当しないだろう。
もし作品に暴力と性という表面上の狂気以外に、
何らかのメッセージが含まれているのなら教えて欲しい。
何度も言うが僕にはそれが分からなかった。
一応言っておくが、
常軌を逸してはいるものの、
実は誰しもの日常生活に存在しうる事であると、
作者が伝えたいのは理解した。
普段は温厚な父親も、
どこか気の抜けた女性達を登場させたのも、
誰しもに起こりうる問題なのだと印象付けたかったのだろう。
だがそれを伝えた所で、
何の解決にもなっていない。
解決になってない故、
このままでは単に不快なまま終わってしまう。
過激な性描写は、
単に過激な性描写で終わってしまうではないか。


そう思うと芥川賞って何なのだろう。
単に文章のレリックが秀逸であったり、
世界観が確立されていたら受賞に値するのであろうか。
確かに誰にも起こりうる事なのかもしれないが、
大半の人間は勿論あんな馬鹿ではない。
もし心の奥底に存在しうるにせよ、
一生表面なんかには上がってこないのが普通だ。
だからこそ、
文学を通して気づかされる。
でも救いがないから求めるのだ。
小説に…。
とりあえず話題作であるし、
皆さんで読んで考えて欲しい。
ちなみに僕は、
最後の一文が堪らなく嫌いだ。 
スポンサーサイト
Category * BOOK
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2012.03.26
19:11
 
一瞬でいい


軽井沢に住む稀世と英次、
東京から夏の間だけ軽井沢に訪れる創介と未来子。
幼馴染の男女4人は、
高校卒業の記念に浅間山登山を企画する。
彼らは、
どこにでもいるような普通の高校生だった。
その一瞬が訪れるまでは…。
きっかけは悪天候の登山の中。
突風に煽られ創介が脚を痛めてしまった事に始まる。
友人を助けるべく一人下山を決意した英次。
しかし、
その時に悲劇が。
英次はそのまま戻る事なく、
帰らぬ人となってしまったのだ。
普通の高校生から一転、
残された3人は心に深い傷を負いながら別々の人生を歩む事に…。
友人を失った後悔と、
複雑に交差する感情が切ない、
大人のラブストーリー。


そう。
ラブストーリーである。
珍しくそういった種の小説が読みたくなって本書選んだ。
恋愛模様はどこにでもある様な3角関係。
それが友人の死という共通の悲劇が絡む事によって、
より切なく複雑さを増している様に思えた。
それぞれが自責の念に苦しみ、
本当は想う人を求めているのに、
それを拒んでしまう。
お互いをわざと遠ざける様な人生を選ぶ姿が切ない。
特に創介の人生は壮絶だった。
事故の前はジャーナリストになる夢を持つ普通の青年であった。
登山の前夜には稀世に想いを告げ、
一生に東京で暮らそうと伝えるなど行動力もあった。
ただ英次の死が、
すべてを変えてしまう。
自分の軽率な行動が、
友人の命を奪ってしまったと思い込んだ創介。
彼は家を飛び出し、
一人で全国各地を転々とする。
英次に対する懺悔こそが、
彼の人生となってしまったのだ。
読者の感情は、
破滅的な選択などしないでくれといった所だろう。
そんな思いとは裏腹に、
創介は遠くへと行ってしまうのが痛々しかった。


ただそれでも運命というのは不思議なモノで、
離れ離れになったはずの3人は、
時を越えて再び交差する。
そこには以前と変わらぬ感情があり、
複雑に彼らに影響を及ぼすのである。
もちろん僕の半生には、
彼らの様な悲劇などあるはずもないのだが、
物語に深みをもたらす“縁”というキーワードには、
自らを投影する事出来た。
いや恋愛小説は自分を重ねる為にあると思っているので…。
誰も他人の恋愛なんぞ大した興味もなかろう。
自分自身に当てはめるから、
心に響くし感動するというのが持論である。
そういう意味から
物語の“縁”という部分をフューチャさせて頂いた。


僕ももう30歳であるので、
あくまで一般論から言えば、
もうそんなに多くの恋愛などしないだろう。
要は落ち着く年代に差し掛かって来たのである。
(晩年にアバンチュールな関係があっても悪くはないが…。)
そんな落ち着きの入り口の年代になって気づく事がある。
年齢を重ねても変わらない感情をひとつ挙げるとするなら、
それは恋愛感情に他ならないという事だ。
どこかで大人になれば恋愛に対する考え方も変わるのかなと思っていた。
しかし結局は、
今も昔もこの先も僕らは、
大して成長もせずに恋愛で悩み救われるのである。
もっと言えば、
本当に好きなった人からは一生離れる事が出来ない。
きっと人間とはそういう生き物なのである。
稀世も創介も未来子に関しても同様だ。
どんなに成長してもお互いを想う気持ちは、
高校生の時と変わりはしない。
そして変わらぬ感情は、
どんなに避けようと努力しようが、
結局気づかぬうちにお互いを再び引き合わせていくのだ。
読み進めながら、
これこそ“縁”と呼ばれるモノであるのではなかろうと考えていた。
“縁”とは偶然でなく、
お互いを想うことよって生まれる必然なのかもしれない。
主人公達は消し去れない悲劇の中でも、
お互いを想い続ける事で生まれた“縁”に導かれていった。
僕個人も、
そんな“縁”を大切に生きて行きたい。
30歳のオッサンが恋愛小説を読むのも、
なかなか気持ちが悪いなと自覚しつつも、
意外とハッとさせらる事が多い一冊であった。 
Category * BOOK
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2012.03.19
15:55
 
mata

「ディズニーランドに言ったことがある。」
キッカケはそんな嘘からだった。
いつも小さい嘘をついてしまう和也。
バツ悪い事に今回は友人に証明しろと言われてしまう。
それでも小さな見栄が邪魔をして、
仕方がなく夏休みを利用し一人で東京へと旅立つ事を決意する。
ところが順調にディズニーランドで証拠を作っていた矢先、
渋滞に巻き込まれ帰りの飛行機に乗り遅れてしまう。
余分なお金なんてない少年は、
空港で途方に暮れる。
そこで助けてくれたのが、
空港内の売店で働く中年の女性。
親切にも一晩泊めてくれて一安心と思ったが…。
彼女が提案したのは、
自力で帰れという無謀な内容。
残金3,400円の青年は、
どうやって熊本へと帰るのか。
道中様々な人と出会い成長していく、
青春ロードノベル。


今回はアーヴィングとは一転して、
2時間ぐらいで読んでしまった(苦笑)。
買った理由は、
久しぶりの装丁だ。
吉祥寺の街並みだったので、
中身を確認せずに思わず手に取った形である。
本の内容は、
コテコテの青春もの。
全編を通して良い事を言う人のオンパレードだ!
結論を先に言ってしまうと、
自分はこの手の本は苦手である。
そもそも会う日と会う人が、
自分のプライベートの部分をズケズケと話すのも不自然ではあるのであるのだが、
どうしても正直でない自分には、
全うな話を全うにされても響かない。
正直、
話が進むに連れて段々薄っぺらに感じてしまった。


売店の女性や、
その息子である美容院の店員。
美容院の店長や警察官。
トラック運転手の父娘に、
四国の医者や戦争を経験した老人…。
出会う人物は、
本当に良い人である。
何かにつけ正直になれない少年に対して、
彼らは様々な訓示を言う。
少年を通じて、
人生の深みを教えてくれるのだ。
そのそれぞれが間違っているなんて思わない。
納得させられる部分も多く、
共感する部分も沢山あった。
そもそも感謝する気持ちを大切にしなさいだとか、
自分の人生に自覚を持ちなさいだなんて、
どうあれ否定のしようがない。
でもそれをハッキリと言葉にしてしまうと、
どうも恩着せがましくて、
何とも素直になれなくなってしまうのだ。


では何が言いたいかと言えば、
こういう事。
本の中だろうとリアルだろうと、
人が成長するというのは、
コレはこうですよなんて指摘されてするモノではない。
文中では誰かの色眼鏡をかけた人生なんて云々とあるが、
こんな他言で改心する時点で色眼鏡をかけていると思ってしまう。
とにかくそんな感じで延々と説教が続くと、
何だかね…。
要するにクドイのだと思う。
僕は学生時代に旅先で多くのモノを学んだ。
しかし、
こんなに恩着せがましい良い人なんていなかった。
人が成長するというのは、
誰かが教えてくれるほど簡単ではないと言う事だ。 
Category * BOOK
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2012.03.16
14:34
 
あの川のほとりで上

あの川のほとりで下


ニューハンプシャーの山奥。
林業の町に暮らすシェフの父とその息子にある悲劇が起こる。
寝室から漏れ伝わるただならぬ声。
少年は、
父親が熊に襲われていると思い込み、
何者かを伝説のフライパンで撲殺してしまう。
それはなんと熊ではなく父親の愛人だった。
しかも厄介な事に愛人の恋人は悪徳治安であり…。
この瞬間から父子の半世紀に渡る逃避行が始まる。
繰り返される暴力や、
不条理な戦争、
衰退していく文化などを辛らつに綴る一方で、
家族とは仲間とは何かを改めて問うハートフルな大作。
個人的には、
いちアーヴィングのファンとして大いなる期待を持って読ませていただいた。
ただある意味、
同氏らしい場所と時代が複雑に交差するプロットには、
なかなかすんなり読み進める事が出来ず苦労した。
それでも終盤に差し掛かるにつれて、
どんどんと盛り上がっていく興奮を存分に味わえた。
そして気づけばアーヴィングの世界にどっぷりとハマッっている自分に気づくのである。


今回の物語のテーマは、
避けられない悲劇。
冒頭、
不慮の事故で命を落とした少年から語られるのだが、
これが全体を通した不安を予見するようで不気味だ。
そう。
はっきり言って、
のっけから暗い!
そしてそんな雰囲気の中で、
父子を長い逃避行へと誘う事故へと繋がっていくのだ。
かつてシェフである父親が熊退治に使用したとされるフライパンで、
純粋で早熟な幼い息子は、
父の愛人を撲殺してしまう。
一見滑稽にも思える事故が、
常に断ち切れない不安として存在しえるのは、
彼らを追う悪徳治安官の存在であろう。
いつまでも父子を追い続ける治安官の執着心は狂気を孕んでおり、
父が各地でシェフとして成功しようが、
息子が成人して人気作家にまで登りつめようが、
その影が消える事はない。
これこそアーヴィングの言う、
「事故が起こりがちな世の中。」である。
物語の中には、
その他多くの悲劇が折り重なる様に悲劇が介在する。
繰り返されてしまう暴力。
避けられない別れ。
ひとりでに進んでしまう残酷な戦争やテロ。
そいった避けられない悲劇の中で、
人間はどう生き続けどう未来を見つけるか。
父子を通して、
様々な環境化でも泥臭く生き抜く人間の力強さに魅せられてしまった。


悲劇が語られる中、
もうひとつのテーマとして大切に綴られていたのが、
家族や仲間の存在である。
本書では実に個性的なキャラクターが多数登場する。
気まぐれな天使レディ・スカイ。
かつての愛人を思い起こさす未亡人。
力強く心優しくエロティックな大女。
小心者でストリップ好きな高校教師。
臭い放屁をする犬や、
ベトナム戦争に兵士を送り出さないように自らが犠牲になる少女、
そして豪快で大雑把で心優しい樵のケッチャム。
特に樵のケッチャムは、
父子を凌ぐほどの存在感がある。
読み書きすら出来なかった樵は、
昔ながらの林業を愛し、
アメリカ合衆国のやり口を嫌う。
周囲と溶け込む事が出来ず次第に時代から取り残されていくのであるが、
いつだって父子の行く末を案じている。
まるで父子を守りぬく事が、
自分の使命といった具合に…。
次第に明かされる樵のケッチャムの過去は、
実に衝撃的である。
ケッチャムについて語った彼の恋人シックスパックの言葉に印象的な一文がある。

「失いたくないものはいつも持たずにすませるっていうのが、
あたしの人生哲学だった -ケッチャムは別として」


ケッチャムと、
その周りの人達の絆が垣間見える一文である。
作家になった息子も、
その"ケッチャムは別として"という部分に感銘を受けるのだが、
必ずや読者も共感する事であろう。
やはり悲劇的な運命に溺れながらも信念を貫き通す樵の姿は、
不安と折り合うヒントを示してくれる。
"ケッチャムは別として"。
物語を象徴する、
本当に素晴らしい言葉だ。

物語の構成は、
前述の通り複雑だ。
さまざまなエピソードが時代を越えて交差する。
ハッキリ言えば、
決して読みやすい代物ではない。
アーヴィングファンならまだしも。
それと、
要所要所で政治的な主観が介在しているのも、
少しだけ気が折れた。
特にベトナム戦争の映像を見ながら嘔吐する日本人の場面があるのだが、
これは不快だった。
日本人の尊厳に関わる問題だけに。
そこら辺を我慢すれば、
絶対に満足の一冊だ。
後世に残る名作になると確信している。 
Category * BOOK
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2012.03.12
16:14
 
東急デパート

どこからともなくストリートミュージシャンの歌が聞こえ、
小さな居酒屋から笑い声が漏れる。
吉祥寺はいつだってそんな街である。
今日もまた、
何百回も歩いたサンロードを抜ける。
色々なお店が入れ替わっているはずなのに、
ここの空気は全く変わらない。
サンロード側も公園側も、
その他の細かな路地に至るまで、
気取らない穏やかさがあるのが、
吉祥寺の愛すべき魅力だ。
そう…。
吉祥寺に訪れた事のある人であれば、
デンと構える東急デパートに気づくだろう。
ずっと昔からいる吉祥寺の番人みたいな奴だ。
僕がまだ子供だった頃、
誕生日になると必ず両親と共に東急デパートへ行った。
6階で欲しかったオモチャを買ってもらい、
最上階のレストランでお昼を食べるのが、
とても贅沢に思えて楽しみだった。
今も僕の脳裏には、
洋食屋さんから望む吉祥寺の町並みがある。
周囲には全然高いビルがなくて、
雑然とした風景が広がっている。
考えてみればお気に入りの洋食屋さんにも、
随分と行っていない。
それでも遠慮がちに食べたハンバーグの味だけが、
今も記憶に鮮明なのだから、
不思議なものだ。
久しぶりに行ってみようかな。


そんな訳で僕と吉祥寺は、
もう随分と長い付き合いに。
なんと20年以上になる。
今ではデパートの食堂に両親と行くこともなくなり、
むしろ窓から見えていた雑然とした風景の中の方に行き来する様になった。
言い方を変えると、
オモチャ売場より美味しいお酒が飲める場所に居座っているという事。
僕と吉祥寺。
きっと長い付き合いの中で、
係わり合い方も変わったという事なのだろう。
それでも何故だか、
ずっとこの場所にたむろしている。
僕も吉祥寺も変わったけれど、
いつでもユルく迎えてくれる街だからだろうか。
街並みが変わっても、
そんな空気だけは変わらないからだろうか。


待ち合わせの場所へ少し早足で向かう。
相変わらず目の前には、
デンと構える東急デパートがいる。
僕がいくら年を取っても、
変わらない吉祥寺の空気がいる。
さて今夜はどこで飲もう。
この前通りすがりで見つけたビストロにしようか。
今月何度目かのオクワ酒場か。
ヴェルディが負けたから安居酒屋か。
どちらにしても吉祥寺なら安心だ。
この街とこの街にいる人達が好きだから。
吉祥寺本町2丁目。
きっと今僕は、
いるべき場所に立っている。
何だか少しだけ分かった気がした。
僕はこの街から離れられない。
いや離れたくない。 
Category * 小話
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2012 新きっと鴨はシャイ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。