サッカー(ヴェルディ)以外の日常を綴ります。
http://cycun1944.blog.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2012.11.21
13:06
 

アシックス


つくばマラソンを直前にして風邪を引いた。
今日は1日仕事を休ませて頂き安静にしている。
こういう事に慣れていないせいか、
寝るにも限界がきてしまい、
昏々と忘れかけのブログを書いている。


努力は人を裏切らない。
そんなありきたりの言葉がある。
僕は間違っていると思う。
ランニングを始めて1年半。
自分で言うのは格好悪いが、
それなりにコツコツと頑張った。
先週からは風邪など引かぬようにと、
うがい手洗い食生活に至るまで、
神経質なくらいに気をつけた。
結果この仕打ち。
万全で挑むはずが、
出鼻を挫かれてしまった。
変わって東京ヴェルディ。
今年はクラブも選手も、
何より僕自身が頑張った。
松本にも行ったし、
岡山にも駆けつけた。
毎週違う県のお土産を会社に振る舞い、
大いに呆れさせた。
挙句の果ては、
ここ最近では最悪の7位。
もちろん昇格は遠い向こうへと霧散した。
努力は人を裏切らない。
そんな言葉、
僕は信じない。


では努力とは何なのであろう。
僕は努力が報われなかった時にこそ思うのである。
今回の風邪も、
病院の待合室でウンウンと唸りながら、
何故ゆえに今なのか?
これだけ頑張ってきた日々は何だったのか?
そう自問した。
しかしそんな恨み言を吐いても、
医者はクスリともせず、
お前は風邪なんだよと事実のみを知らせるばかりだった。
僕の努力って何だったのさ?


僕は、
努力とは純然たる事実だと思っている。
努力は、
結果に報いるスイッチとは限らない。
しかし、
結果を報いるために動き続けた証ではあると思うのだ。
熱にうなされながら天井を見上げ、
雪降る夜に走った時、
真夏の炎天下を駆け出した時を考えてみた。
こういった日々は、
僕も報いを授ける事はなかったかもしれない。
しかし、
努力した日々は、
僕に報いでなく救いを残してくれた。
僕がつくばマラソンに向けて走った3,000㎞あまりの距離は、
どんな重症な風邪でも覆せない事実だ。
そんな日々を振り返ると、
悔しさの先に見つける事が出来るのだ。

まあまあ頑張ったじゃん。
走る続けて良かったな。

そんな気持ちが。
もし努力もせずに直前で風邪を引いていたら、
こんな風に思う事も出来ず、
ただただ自分を情けなく思っただろう。
どんな結果だろうが、
僕は努力に救われていると気づく。


ちなみに風邪は何とかなりそうである。
まだまだ予断を許さないが。
まぁ走れるにせよ走らないにせよ、
努力した日々を大切にしようと思う。
あれ?
こんな風に思えるという事は、
やっぱり努力は僕を裏切ってはいないのかな?
分からなくなった。
どうやらまだ少し熱っぽいようだ。
つくばマラソンまであと4日。
僕はもう少しだけ努力しないといけなそうだ。 
スポンサーサイト
Category * 未分類
Trackback(0) Comment(1) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2012.09.09
21:19
 
DSC_0481.jpg


エイブとKとは高校生時代からの飲み仲間。
ひどいもんだ。
僕等に同窓会という意識は皆無。
月1ぐらいで飲んでいた時期もあったし、
今でも疎遠になる事はない。
昔話とかよりも現在進行形の話題が多い。
純粋なる飲み仲間と言えよう。
それでも哀しいかな30歳を過ぎて、
各々の環境も徐々に変化してきた。
Kはもう2人の子どもを持つパパだ。
エイブは…なんか色々変わった。
転職もたくさんしたし。
性格は相変わらずテンパっているけど(笑)。
僕が一番変化ないように思うけれど、
それは自分からなので2人から見たら少しは変わっているのかもしれない。


そんな訳で昔みたいに朝まで飲み明かす事もなくなった。
Kはお小遣い制になった。
怪しいフィリピンパブに行く事もなくなったし、
桜上水の放置自転車を根こそぎ倒す事もなくなった。
つまりはただ飲むだけで落ち着いてしまったのだ。
このマンネリ化を打開する作戦。
それが今回の旅行だった。
男3人の河口湖旅行。
物凄く気持ちが悪い。
黒髪の乙女はいないのか!
今でも腹立たしい訳で。。。


結果、
朝7時から飲み続けた。
ビールは何杯飲んだのだろう。
もうそういう計算は後悔するからやめておく。
とにかく暇さえあれば飲んでいた。
仕方がいないよね。
もともと飲み仲間なんだし。
言っておくが、
飲む以外にも色々と遊んだ。
飲んだだけではない。
断じて。
ソーセージも作った。
カヌーにも乗った。
ソーセージは指導してくれた女の子ばっかり気になっていたし、
カヌー体験はエイブがエイブで転覆した。
私服のまま河口湖に放りだされるという惨事は忘れられない。


あとは…基本的に飲んでいた。
結局は僕等なんてそんなレベル。
これからも変わらないだろう。
僕以外は痛風でビールは飲めないけど、
やっぱり飲み会は今後も開かれるはず。
実は部活も一緒でなかったので、
現役時代はそんなに接点のない3人だけれども、
不思議と会い続けている。
気持ち悪いほどに仲が良い。
kは悪酔いして肩パンするし、
エイブは大概意味分からないけど、
きっと僕は彼らが好きなんだと思う。
単純に居心地が良いんだろうな。
こういう仲間は大切にしたい。
できれば河口湖には落ちたくないけど。 
Category * 未分類
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2012.04.25
09:28
 
会えなかった人

旗笙子。
約束の日に恋人の真崎を待つ。
自宅の窓からは取り取りの色をした火花が爆ぜる。
真崎のために作られた野菜達は、
食されるべき主を失い、
ただそこにいる。
真崎は、
あの電話に、
園井の背中に惑わされている。
近くで拾い持ってきたトチの実は、
ブラックコーヒーの様に黒い。
なぜ
笙子は会えなかったのか。
なぜ
真崎は会わなかったのか。
ひとりの男とふたりの女が紡ぐ、
儚く残酷で美しい人間模様。
第27回太宰治賞受賞作。
三鷹の風景をファンシーに書いた短編、
『ミタカさんとの散歩』も収録。


まず非常に読みにくい小説だ。
純文学的な文体はさることながら、
まるで骨抜きにされたストーリーに、
途惑う人も多いだろう。
こればかりは相性もある。
本の評価以前に、
文章の在り方を受け入れる事が出来なくとも、
納得してしまうような作品だ。


物語のベースは、
旗笙子というヒロインが、
恋人である真崎に、
なぜ会えなかったという事に向けられている。
そして会えなかったというのは、
花火大会を笙子の自宅で一緒に観る事が叶わなかったのを指す。
花火がよく拝める部屋で、
笙子の作った家庭菜園の野菜を食す約束をしたのだが、
その約束を真崎が破ってしまう。
そう考えると、
なんだかありがちなシチュエーションに感じてくるかもしれない。
にも関わらず不自然な雰囲気は、
たぶん読者全員が感ずるだろう。
それこそ本作の個性である。


まず不思議なのは、
恋人なはずの笙子と真崎の会話が、
全編を通して敬語で語られている事だ。
長い年月を共にし、
なおかつ進展を窺わせる関係ながら、
まるで仕事先の相手に話すような口ぶりなのは、
真に不自然である。
さらには笙子の友人である園井なる人物。
背中に火傷の傷を持つ女性は、
怪しげに真崎の心を刺激する。
彼女は誰なのか。
まさに謎の中で、
徐々に存在感を増していくのが不気味だった。
そういった会話の不自然さや、
新たな女性像という不安が、
物語を埋め尽くしている様に感じた。
物語の中盤になると、
笙子なトチの実に魅力される。
真崎は、
祭の日に出会った(実際は遭遇していない)、
謎の客に怯える。
そして共通のキーワードとして、
ある事が浮かび上がってくるのだ。


そのキーワードが意味するのは何であるか。
自分なりの解釈は、
存在の不安定性、
あるいは変動性である。
存在と言うのは、
字面が表している様に、
そこに在るのが前提だ。
恋人や家族。
日々当たり前に過ごす中で、
当たり前にいる存在だろう。
しかしそういう存在だからこそ、
心も体も傍にいるのが当然すぎて、
その人を失うきっかけを見落としてはいないだろうか?
そんな見えない不安を、
小説は書いている様に思う。
人間関係の歪みっていうのかな。
それとも恋人通しのすれ違いか。
気づいた時には、
もう遅かったみたいな経験は、
誰しもがお持ちだろう。
そういった心の変化こそ、
実は人間らしいのだと感じた。


小説は、
どこか鼻につくぐらいに純文学の色合いが強い。
言葉を追うだけでは足りず、
読んで考えるという作業が必要だ。
真崎が口走った言葉に、
『何でもいいもの-しかし、そうでなくてはならないもの』
という一文がある。
読者によって捉え方は異なるだろう。
ただ本を読みながら、
それが何かを夢想していたのなら、
きっとこの小説の良さを噛み締めているに違いない。
ちなみにであるが真崎は園井に、
恋人である笙子について以下の様に表現した。
『のんびりと、ゆっくりと、そして、きままに。何とも離れられないといったかのように、ですね。どうもその周りをぐるぐると回り続けているのですよ。眺めながら、眺めさせられながら、たぶん眺められながら』
併せてどう感じるだろう?
ちなみに園井は、
悠長と笑った。
読んで考えていくうちに、
もしかしたら小説の色合いが見えてくるかもしれない。
そうやって読み終えた人だけが、
ふと装丁を眺めてニヤリとさせられるだろう。
う~ん。
なんだか罪な小説だ。 
Category * 未分類
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2017 新きっと鴨はシャイ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。